2018.06.16 いろいろ

■朝鮮(上念司)

 日本は拉致被害者の件をずっと言い続けている(10数名以上)が、実は数万人レベルで韓国人が拉致られているらしい。(知らなかった。)

 報道されないが、韓国では数万人規模の文大統領反対デモが起きている。

 朝鮮という国は昔から大国の間を動き回って生き延びてきた(そうせざるを得ない)。大国はそれに振り回されてきた。やばいぞとなったらしっぽを振り、けん制できそうだとなれば、挑発する。55年以降はロシアと中国の間を天秤にかけていたが、ロシアが弱まって、中国と米国の間でバランスを取ろうとしている。明治維新時代は、中国、ロシア、日本の中で駆け引きを展開し、結局、日清戦争日露戦争を引き起こしている。つまり、中露を対決させ、今は米中を戦わせようとしている。

朝鮮中央通信

 朝鮮中央通信は、対外向け宣伝と工作のための放送局。それを日本のマスコミがそのままニュースにするからおかしなことになる。無視しなくてはいけないものを放送するということは、日本のマスコミ(反日)も共産系の悪意があるということ。

グローバリズムvsナショナリズム

 グローバリズム=世界政府主義・共産主義アナーキー主義。

 ナショナリズム民族自決主義。

IMFとは、

 ロスチャイルドユダヤ資本+米国。

IMFに介入された国は経済的に破綻し経済支配を受け、マレーシアのように断った国は復活している。

朝鮮戦争とは(馬淵睦夫)

 朝鮮戦争は、アメリカ・イギリスの中共・国際金融・グローバリスト勢力の謀略で始められ、中共を勝たせた戦争であった。

■グローバリストの世界支配に抵抗するレジスタント(ナショナリズム

 共産主義・グローバリスト・資本主義は、根は一つ。世界統一主義。

それに対抗するのが、ナショナリズム。この代表がプーチンであり、悪者にされている。金もナショナリスト。ドッテルテもナショナリストアメリカの大統領もナショナリストのトランプ。だから、悪者扱いされている。

 アメリカのマスコミも日本のマスコミもグローバリストの手先。日本の安倍もナショナリストなのでマスコミにたたかれている。トランプは、堂々とマスコミはフェイクニュースの悪者だと対決姿勢を見せている。

■グローバリストによる破壊活動(世界支配、文明破壊)

 ロシア崩壊後、ロシアの資産はグローバリスト企業にとられてしまった。これに対して、プーチンは、ロシアの資源はロシア国民のものだと言ってグローバリスト企業から奪い取った。だから、グローバリスト企業勢力(マスコミ)から敵視されている。トランプもグローバル企業がアメリカ労働者を貧しくさせていると言って「アメリカファースト」と言った。

 マスコミの99%が反トランプ攻撃したが、国民はトランプを選んだ。

■グローバリストのキングメーカーに選ばれる

 コミュニスト共産主義者)の行き先,①国連、⓶中国、③アメリカ(ネオコン)。グローバリストに選ばれたのが、習近平オバマ。フランス・マクロンロスチャイルド家の子飼い)ドイツ・メルケル東ドイツ出身、ヒトラーの冷凍精子(遺伝子))キングメーカーに選ばれている。

■国際金融資本(ユダヤマネー)の恐怖支配

 戦争はお金がかかる。アメリカの戦争の歴史の中で、お金を儲けるのはイギリスのロスチャイルド財閥。南北戦争(奴隷のための戦争でなく、経済戦争)時、リンカーンは、利子の高い借金を断った。そして政府独自のお金を作った。ロスチャイルド財閥はリンカーンを許せない。なぜか、リンカーンは暗殺される。ケネディは大統領権限で財務省からお金を発行。その後、ケネディは暗殺された。中央銀行が必要。第一次大戦前にできたのがFRB

■国際金融(ユダヤマネー)は、対立を演出する

 ベトナム戦争時、アメリカは敵国であるソビエトに300億円の融資をしている。つまり、アメリカ兵を殺すための物資をアメリカの敵国に提供しているのだ。アメリカは、中国国民軍が中共軍を倒す寸前に止め、中共軍を支援し、国民軍を無視した。勝てるのに勝たない戦争を続けているのがアメリカ。アメリカ人を殺すアメリカ政府という構図。誰のために?共産主義のため、金融資本を儲けさせるため。金政権を支えていたのは誰か?金の決定権はない。中国、ロシア、米英の金融資本?