2022.5.8 ビルゲイツの世界政府推進宣言。(及川幸久)

■WHOに国家権力を越えて人々にワクチンを打たせる力が必要だ。

 ビルゲイツが5月初めに新刊本を出した。次のパンデミックに備えるために、WHOで世界を支配しようと。ビルゲイツとWHOペドロス議長が握手をしている。(ふざけんな!)貧しい国にmRNAワクチンが行き届かなかった、ことを反省しようと。WHOにスペシャルチーム(機能を作って)、国の意志に関係なく、何でもできるようにすると言っている。(みんなもいい加減に気づけ!)つまり、国家機能をはく奪してWHOなどの世界政府によって何でもできる世界にしようと。いわゆるワンワールドオーダー(世界国家の樹立)。2024年に「パンデミック条約」を世界各国に締結させる計画だとか。ドイツAFD議員が反対声明。「選挙で選ばれた議員の声、国の自治権、を認めず、勝手に作られた組織による支配、つまり、マルクス主義的世界政府だ」

■ほぼ手中にしている、世界支配。

 超富裕層たちにとって、世界各国の国家予算などくそみたいなもので、WHOなどに出している巨額の資金も彼らにとっては、はした金だ。彼らは、勝手にCIAを作り、MI6を作り、KGBを作り、モサドを作った。国の機関のように見せかけながら、世界の富を支配する奴らのために作られた。つまり、すべての情報を掌にあり、国なんてどうにでも操作できる。経済や株価、世界紛争などもすべて、彼らが自由に操っている。いろいろやっていくうちに、ノウハウをすっかり身につけてしまった。ソロスのやった通貨攻撃で、国なんてあっという間に危機に陥り、経済救助と言って全てを支配下に置き、いうことを聞かなければ、政府なんてあっという間に転覆することを確認した。マスコミやデモや選挙システムを乗っ取れば、政府転覆工作なんてちょろいと知って、馬鹿の一つ覚えのようにやりまくっている。(アラブの春、東欧のカラー革命、中南米、そして、米国)10年くらい前のウクライナ紛争も、ロシアやウクライナ、欧州が停戦合意したが、それを聞いて、ジョージソロスが「ふざけんな、勝手にやめるんじゃない」って、新聞を使って怒っていた。何のために、金を使っていろいろ工作していると思ってんだ!戦争ビジネスやら、金を回収するのはまだまだこれからだろうがって。

 元スタンフォード大学・フーヴァー研究所の研究員で、経済学者、歴史学者、作家のアントニー・C・サットンは「ソ連ユダヤ系国際金融資本によって 創設され維持された」と暴露しています。さらに、アヴェレル・ハリマン自身、「スターリンは、アメリカの支援と技術協力によってソ連は作られたと言った」と証言しているのです。つまり、ハリマンはロシア人に憎しみを持ち、ロシア帝国を転覆させたユダヤ人の1人だったのです.ロシア革命を起こしたハリマンと、現アメリカ大統領バイデン氏には実は深い繋がりがあったというのです...バイデン氏の師匠として、教育をしていたのが、このアヴァレル・ハリマンだったのです.

 

2022.5.1 バイデン政権、国土安全保障省内に「誤情報統治委員会」を設置

言論統制目的。「1984」の真理省だとネットで話題。

 バイデン政権、国土安全保障省内に「誤情報統治委員会」を設置、というニュース。これまでの状況から、とんでもないふざけた動き、としか捉えることができない。バイデン及びバイデンを操る勢力の意図として、自分たちの発する情報(洗脳情報、トランプたちの言うフェイクニュース)に対して、疑問を投げかける発信、嘘であることを暴露する発信を、これまで以上に力づくで封じ込めよう、というものだ。あの「1984」という有名な管理社会を描写する小説の中に出てくる、「真理省」と同じものだと、ネットで話題になっているとのこと。

2022.4.28 CIAの話(林千勝)

■CIAはディープステートが作り、米国大企業(国際金融資本含む)を儲けさせる。

 CIAとは、1947年、トルーマン大統領が設立(そうだったんだ、意外と遅い)。戦時中の情報部門がOSSで、それがなくなったけど、平時でもそれを引き継ごうとしたが、議会は、そんな工作機関なんていらないんじゃないかと反対し、できることを制限された。5代目のCIA長官が、アレン・ダレス。(1953年)アレスは、大統領や議会の承認を得ることなく、CIAとしての目的と活動を次のように決め、動き始める。(国家の検証や決定に関係なく、勝手に(誰かの指示で)動き始めた)=国際金融資本、ディープステート。国家の利益のために、危険な他国の人物を暗殺したり、工作活動(不正選挙工作など)を行う。国家の利益とは、大企業を儲けさせること、としている。(つまり、国際金融資本が、大企業にお金を提供するので、その活動のために働く諜報・工作を行う。)大企業とは、主に、石油などの資源メジャー軍産複合体の企業群。戦争・工作を行って、資源を奪い取り、戦争で儲けさせることで、国際金融資本も一緒に大儲けする。アレン・ダレスCIA長官の根回し・工作によって、議会の予算審査の対象から、CIAを外させた。また、当時のアイゼンハワー大統領は、フォスター・ダレス国務長官とアレンダレスCIA長官の兄弟に外交政策をすっかり任せた。(フォスターダレスは、ロックフェラー財団の顧問弁護士を長いこと努め、理事になっていた)(つまり、ロックフェラー財団の利益が最優先)結果、世界各地でCIAはクーデターや紛争を引き起こし、時に米軍を派遣して、世界中をひっかきまわし始める。(現在に続く)(つまりダレス兄弟は、米企業が世界ビジネスで勢力を拡大し、支配者となるために働き続けた)(忘れたけど、アイゼンハワー大統領が、やめる時に言った言葉があったんじゃなかったっけ。マスコミと教育界と軍産複合体に気を付けろって。(元陸軍の軍人。私企業に振り回された。)

■CIAおよび裏の勢力を封じ込めようとするケネディ大統領。

 1960年からケネディが大統領になる。ケネディは、CIAを毛嫌いしてつぶそうとする。ダレス長官を首にして、各国のアメリカ大使にCIA活動の監督と報告を求めて、封じ込めた。「我々米国政府は、私企業のために金と力を奉仕するべきものではない。」(米国の金と力は、国家と国民のために使うべきだ)(つまり、国民のための金が世界各地の工作紛争などに使われ、米国軍人の血の犠牲のもとに軍産複合体や資源支配企業、国際金融資本だけが勢力を拡大していくのはおかしいし、止めなくてはいけない)

2022.4.25 twitter社をイーロンマスクが買収(カナダ人ニュース)

■メディア支配に風穴。阻止。そして、大逆転。

 以前、twitter社をイーロンマスクが買収するという話があったが、リベラル勢力(米国大手メディア支配者)が恐怖を覚えて全力で阻止したと教えてもらった。しかし、それを覆して、大逆転劇で、イーロンマスクが買収したというニュース。これは、大ニュースである。

言論の自由を取り戻す、と訴え。

 イーロンマスクがどっち側のグループなのかわからない。ただ、大手メディアと同様にTwitterは、大きな勢力に飲み込まれてしまって偏向報道機関になった。(ワクチンに対する疑問、ディープステートに対する疑問、トランプ擁護、ロシア擁護は、検閲を受けて発信が出来なくなる。リベラルの暴言は許すが、保守の暴言は取り締まられるという、不公平な世界=メディア共通)フェイクニュースばかり垂れ流して、それに対する批判を集中リンチする。これは言論の自由ではない。これはおかしい、と言ってイーロンマスクが出てきた。この言動は正しいし、歓迎すべきものだ。

 自分の聞きたい多くの論客が、ものが言えなくなってしまった。トランプをはじめ、自分の支持する多くの論客がアカウントを止められてしまった。自由にものが言えるプラットフォームづくりが、課題となっていて、次々に作られたが、ビッグテックや多くの巨大企業が、自由な動きを圧殺してきた。

 ウクライナ報道も一方的すぎて、うんざりである。違うニュースも流して欲しい。いろんな国のフリージャーナリストが(ウクライナ人からも)、実態は、違った、ウクライナ軍による(ユダヤ傭兵部隊)虐殺、破壊活動が発信されている。どっちがどっちという話ではない。喧嘩両成敗。ちゃんと公平に調査して、報告してほしい。検証してほしい。それまでは、憶測だけの報道は慎んでほしい。決めつけないで欲しい。

 本当に日本の民間テレビは不要!1個にまとめてほしい。すべきことは、報道と実際の調査、検証番組を作ってほしい。過去のニュースで、誰が何を言って、何をしたか、その根拠と実際の状況はどうだったのか、それに対して、当事者たちはどう思っているのか、嘘を言ったものは?残虐行為をしたものに対する罰は何か、反省を求めることが必要なのでは?

 10代後半の時、朝までテレビがあって、面白かった。しかし、制御のできない、声のでかい者が、支配して、無茶苦茶だった。自分が欲しいと思ったことは、誰が何を言ったのかをまとめてほしかったし、結果どうだったかを検証してほしかった。

2022.4.20 ウクライナ情勢(つばさの党・黒川)

ユダヤマネー・オーナーによる、闘牛場運営。

 東側のユダヤグループが事件を起こし(ユダヤマネー支配下民間軍事会社プーチンの制御の効かないロシア傭兵部隊)、西側のユダヤグループが騒ぐ(バイデンを動かし、欧米世論を操作し、アゾフ連隊などを使ってウクライナ人を虐殺する)闘牛場の経営者は無傷で儲かる。

 ユダヤマネーの手下どもを使って、ケンカ・混乱を起こす。騒ぎ立て、世界を巻き込み、見世物代を支払わせる。巻き込まれたプーチンやゼレンスキー、関連の欧州各国は、早くこの騒動を終わらせたい。しかし、闘牛場のオーナーグループ(ユダヤマネー)は、鎮静化を許さない。各傭兵部隊は、プーチンの言うこともゼレンスキーの言うことも聞かない。そして、見世物に巻き込まれた観客(各国)からは、大量の武器や支援物資を払わされ、果てしない戦いに巻き込まれる。戦わされているのは、ウクライナ兵、ウクライナ人、ロシア人である。バイデン・米国も、国際金融資本グループも傷つかない。煽るだけ煽って、金を貸し付け、武器を売りまくって、肥え太り、支配力を強めてく。

■真実を見極める目を

 国連や世界機関だって、国際金融資本が作らせて、コントロールしている。金の力は大きい。犯罪を判断するためには、専門の調査が必要だが、いつも誰かの間違った判断のもとに処罰が下されている、おかしな流れが出来つつある。「核爆弾を放棄したら、お前のことは守る」と約束したのに、実際に核爆弾関連の全てを差し出したら、カダフィーは懸賞金が付けられ、虐殺され、リビアという国の平和は破壊された。「クエートを侵攻してもいいよ、お前はいつも俺らの弟分だよ」と言われていたのに、「フセインは、アルカイダを支援している、大量破壊兵器を持っている」と言われ、その言葉だけで、各国の軍隊を使って、イラクイラクの平和な人々を殺しまくった、世界という名の欧米グループ(日本含む)。

 今回だって、実態は本当にわからない。わずかな情報も本当かどうかわからない。そして、欧米のプロパガンダが「決めつけ」、世界の武器と物資、マネーが集められ、紛争の火を大きくさせられている。本来、こんな、いかがわしい動きに巻き込まれてはならない。しかし、参加を拒否すると、次はお前だと、脅されているかのようで、それに恐怖して、世界は動いている。一番、悲惨なのはウクライナ人とロシア人。そして、欧米日の庶民という名の奴隷たちも、経済的に困窮させられていく。こうして、奴隷たちは、困窮し、洗脳され、判断力を失っていき、奴隷化がますます進む。目覚めよ。真実を見る目を研ぎ澄ませ!人々の中に、真実を求める思いが満ちた時、初めてつながれるのか?そんな時は、来るのだろうか?真実を発信してくれている、多くの個々の行為に感謝。多くは消されてしまうのかもしれないが、勇気ある個々の力が自分の心に響いてきている。

■PMC(民間軍事会社

 PMC(民間軍事会社)=要人警護、危険地帯の武装警備をおこなう。裏の仕事は、企業の裏の仕事を請け負う。紛争を起こさせる、事件を自作自演する、どさくさにまぎれて、戦争を大きくする。西側の最恐PMCが「ブラックウォーター」。ロシアの最恐PMCが「ワグナー」。ロシアンマフィア。アルゼンチン籍。(ロシアでは非合法なため)民間の戦争屋。なんでもする。大抵、オーナーはユダヤマネー。

グローバリズムvs反グローバリズム(国と国民を守る)

 フランス大統領選が4/24。ルペンなどの保守派が票を伸ばしている(国民の支持が増え続けている)。そして、ロシアやプーチン擁護派が増えている。ルペンが万が一、勝てば、NATO脱退も。

 バイデンだって今年の中間選挙(11月)でどうなるかわからない。プーチンはおしまいというプロパガンダが圧倒しているが、プーチンを殺そうとする勢力が落選する危機も多い。マクロンのバックには、米国・マッキンゼーが選挙サポートをしている。つまり、ウォール街がバイデンとマクロンを支えている、ということ。別の見方をすると、バイデン、マクロン、米国民主党ウォール街、グローバリスト勢力に従うか、反発するか、という戦いになっている。そして、反グローバリズムの大衆が増えている、ということ。

 

2022.4.19 ゼレンスキー大統領インタビュー(及川幸久)

■FOXがゼレンスキー大統領にインタビュー。

 ネットには、ネオナチについての部分が削除されてアップされたということで話題に。テレビでは、アゾフ連隊についてこう答えている。ウクライナ語の英訳の日本語訳なので細かなニュアンスが違っていると思われるが。

「アゾフ連隊が残虐な行動をしてることについて否定はしない、アゾフはアゾフだ。アゾフはウクライナにある多数のナチスの一つだ。(ネオナチ?ロシア系住民虐殺の集団?)こうしたナチスによって、キエフは守られている。ウクライナの軍隊のほとんどがナチスである(ユダヤ人を排斥したドイツと同じということ?)。

■ゼレンスキー大統領の公約

 2019年、ゼレンスキーはドネツク内戦を終わらせることを公約として大統領に選ばれた。ドネツク内戦は、ウクライナナチス(ロシア系住民の虐殺したい勢力)がロシア系住民が多数を占める、ウクライナ東部で起こしている虐殺とそれに抵抗するロシア系住民との内戦である。ミンスク合意で、ロシアとウクライナ、そして、ドイツによる内戦を終結させるという合意)にしたがって、それを実行するということだった。

 ウクライナ軍に命令したが、大統領命令を聞かなかった。現地に赴いたが、アゾフ連隊兵士にせせら笑われた。そして、これ以降、ゼレンスキーはウクライナナチスに脅迫され、従わされてきた。

 ウクライナ議会の多数をナチスが支配されている。(ネオナチ=ロシア系住民の排除、抹殺を使命としている?)暴力、脅迫によって、彼らは、大勢力を誇っている。少数派であろうとも、ナチスボルシェビキ(暴力革命)のように、暴力で少数派が、多数派を支配してしまうのは、歴史を見れば明らかだ。

プーチンの語るウクライナ情勢

 プーチンはロシアでウクライナの状況を説明している。まず、初めに語ったのはレーニン主義者による少数派の暴力集団の否定からだった。ウクライナで、権力を握っているのはウクライナナチスであると。ゼレンスキーは、ウクライナナチスをコントロールできなければ、ウクライナ住民は、その恐怖政治に震えることになる。そして、やがては第三次大戦につながるかもしれない、と。そして、ウクライナナチスを支配しているのは米国CIAである、と。

■ゼレンスキー大統領の現状

 ゼレンスキーは、アゾフに殺すと脅され、自分に実権がないと悟った時、アゾフの要求を受け入れるように変わっていった。ゼレンスキーは、ウクライナ住民に戦うことを要求し、避難することを認めなかった。それは、米国バイデンの命令である。住民を盾にして、ロシア系住民を虐殺するためである。ロシアが攻撃すると多くのウクライナ人が死ぬ。これは、世界に発信され、世界がウクライナ、そして、米国の味方になるということである。ロシアが世界の非難を恐れるなら、攻撃が出来ずに、ロシアはそのままじり貧となり滅亡の道を行く。

■ロシアの行く末

 プーチンを処刑し、ロシアの資源と金目の物はすべて、少数派の国際金融資本に奪われていく。これが、最悪のバイデンを神輿につけた、あくどい連中たちの集団リンチの第一の結末である。

2022.4.13 フランス大統領選・ルペン氏(及川幸久)

■「極右」ではなく、「反グローバリスト(愛国者)」

 フランス大統領選でマクロンに次いで票を集めたのがルペン。そして、欧米メディアは、ルペンのことを「極右」だとレッテルを張っている。しかし、「極右」というレッテルからは、まるで本質が見えてこない。マクロンは「リベラル」ではなく、グローバリスト、そして、ルペンを「反グローバリスト」とするとわかりやすい。

 ルペンは、トランプの思想と同じだと言っていたらしい。そして、プーチンを尊敬している。つまり、共通するのは、「反グローバリズム」であり、「国を守る、国民を守る思想」なのだ。このルペンのお父さんが、その政党を作ったのだが、ルペンのお父さんは、数年前に日本にやってきて、靖国神社を参拝した。つまり、国を守った先祖の魂を大事にしたい、ということだった。

■米国では、増え続ける愛国者を、無法の力で押さえつけた

 米国の民主党も、共和党も、そんなに変わらない。つまり、「グローバリズム」なのだ。そして、トランプは、「反グローバリズム」だった。だから、米国民は、トランプに希望を見出し、支持した。そして、米国を支配するグローバリズム勢力の全てが、悪事の限りを尽くして、トランプをつぶそうとした。民主党、そして、共和党、マスコミ、司法、警察、諜報機関、警察、全てと言えるくらいに。全力の悪事をもってしても、トランプには8000万票の支持が入った。だから、不正マシーンなどを使って、トランプの票を削り、それ以上の数字をバイデンに作りこんだ。