2022.10.3 米国による、ノルドストリーム破壊(ポーランドが米国に感謝の声明)

■ノルドストリーム2が破壊されたというニュース。

 2月、バイデンが、ノルドストリームを開通させないことを約束する、と記者たちに理解できないことを繰り返していた。(映像で残っている)

 かつて、シベリアのガスパイプラインを破壊した米国は、今回もヘリを飛ばし、船を出動させており、客観的証拠から米国による攻撃とみなされている。

ブルームバーグの生放送で、呼ばれた大学教授が、証拠を上げ、破壊した者は「米国」であると演説した=思いもよらない放送事故=マスコミは破壊工作の協力者)

 ポーランドが、「米国ありがとう」と声明を発表し、SNSでこの情報が拡散した。ポーランドは声明を取り消している。

 ノルドストリームを破壊することで、「得」するものは、米国のみで、そのための破壊工作を行う能力があるものも、米国のみ。

■米国による、ウクライナ戦争工作の目的

 米国による陰謀の最終目的は、①ロシアの資源および全てを国際資本が再び(1990年)強奪すること、⓶米国の陰謀などを暴露し、邪魔し続けるプーチンを殺すこと、③紛争を決して終わらせず、長期にわたって戦争を継続することで、軍需産業、これを利用して、金融や産業を含めて世界から金を巻き上げること。

 そのための作戦の中の重要なものの一つが「ノルドストリームの破壊」だった。

だから、認知症の進行したバイデンが「ノルドストリームを動かさないことを約束する」とうわ言のように繰り返していたのだ。

 「ノルドストリーム」は、ロシアと欧州にとってウィンウィンの効果をもたらし、結びつきを強化するものだった。これによって、欧州とロシアが一体化すると、NATOは不要となる。ロシアから安いガスが提供されると、それによって、欧州の生産物が競争力を高める。ユーラシア大陸から米国は排除されていく。これは米国にとって、許しがたいことだった。

 ノルドストリームを破壊し、ロシア制裁することでこそ、米国の高いガスが欧州に売れるのだ。欧州とロシアの平和的な関係は、米国は望んでいない。こういった紛争を巻き起こすことでこそ、米国のネオコンや国際金融資本は、世界のお金を自在に巻き上げることができるのだ。

2022.10.2 「裸の王様」

流産、不正出血事例

 産婦人科の先生が、周りの先生からの話も含めて、流産や不正出血事例が異常に増えていると話していた。

 自分も直接、ワクチン接種後生理がなくなったという話を聞いた。いや先生、生理はありましたよと言ったら、それは生理でなく不正出血ですと言われ、ずっと、排卵誘発剤を飲んでいると言っていた。

 また、職場の利用者が、突然2回目の生理になった(こんなことは一度もなかったと母親が言っていた)。

進行性がん、突然死の事例

 医者の奥さんからの投稿で、ここのところの進行性がんの患者が異常な数だと夫が話していた、とのことだった。

 外国の医者の投稿で、周りの医者の突然死が異常に多いと警告を鳴らしていた。

(医療関係者が、新型ワクチンの実験材料にさせられた。医療関係者が打つなら大丈夫だろうという心理を狙った策略だ。

 イスラエルユダヤ人たちも真っ先に実験材料にさせられた。ユダヤ人がこの怪しげなワクチンを打つのであれば大丈夫なのだろう、という効果も否定できない。自分は本当にここが謎だった。明らかに怪しいワクチンをまともな頭を持っているなら打つわけない、しかし、ユダヤ人が率先して打つとはどういうことだ?と思っていた。

 超金持ちの支配階級のユダヤ人と一般のユダヤ人は別物らしいことを聞いた。そういえば、ナチスドイツとユダヤ特権階級は手を結んでいたという話を最近知った。金持ちユダヤ人は、大事に国外に誘導され、一般ユダヤ人は収容所に入れられた。金持ちユダヤ人は、一般ユダヤ人を助けようというせず、見捨てたのだ。つまり、昔も今も変わらない。)

新型コロナのバカ騒ぎについて

 この新型コロナのバカ騒ぎは2020年1月末に始まった。

 いろんな情報を聞いて、自分としてはインフル以下の風邪の一種という認識を持ち、いろんな薬も効くし、開発すれば、すぐに対応できると認識した。

 ところが、政府、マスコミ、医療、製薬会社の動きは、まともでなかった。まともな、当たり前のすべきことをしていない状況に、?馬鹿か?馬鹿でないならなんだ?言動を制約されているとしか思えない、そういう結論に至った。

 米国がディープステートによる独裁国家になっており、日本はやっぱりその属国であることが、改めて明らかになった、と思った。

 相変わらず、マスメディアを使った情報戦で、世界や日本をだまし続けている。それはおかしいよと、真実を語ろうとする、トランプや、プーチンを法に基づかない暴力で抹殺しようとしている。首相を降り、自由になった安倍元首相を、危険人物として暗殺を行った。警察も司法も、頼りにならない。全てが支配され、操られている。

 とんでもない悪の勢力が姿を現し、(今までと違い、雑なやり方で、無茶苦茶な暴力で支配しようとしているのを隠そうともしない、異常な状況)自分みたいな底辺の馬鹿にも、危険だと感じられる。だから、世界には、この状況に危機感を感じている人が大勢いるはずだと思う。しかし、周りを振り向いても、誰が、同じ感覚を認識しているのかがわからない。気づいていても、隠しているだけだと思いたい。

「裸の王様」

 妹たちや妻は、どうにも響かない。

マスメディアを信じる高齢者も同じだが、自分たちが「裸の王様」であることに気づいていない。

マスメディアが、利のために平気で嘘を吐く「仕立て屋」だ。

ワクチンは安全だと信じ込まされて、体温調整や身を守るための「免疫」という衣服をはぎ取られて、風邪をひいて、傷だらけになって、ボロボロになっている。

「裸の王様」に出てくる、「真実」を語る子供は、誰ならいいんだ?

たくさんの真実を語る人が、石をぶつけられながらも奮闘しているのに、人々は目覚めない。

「あの透明なきれいな衣服が見えない者は、バカだ。」

=「ワクチンに疑問を呈する者は、反ワクチンの陰謀論者だ。」

「気候変動問題に反対する者は、陰謀論者だ。トランプやプーチンや安倍を支持する者は、陰謀論者で、テロリストで、異常者だ。」

責任者の「不誠実な言動」は決して許さないし、忘れない。

 まともに考えたら、治験を行っていない新薬が絶対安全だなんて、誠実な人間には言えない言葉だよ。これから何年何十年かけて、自分たちの身体を使って老若男女がモルモットとして研究される。新型コロナを判別するのに使ってはいけないと言われるPCR機を使って、多くの「嘘の」コロナ陽性者を大量生産し、多くの「嘘の」コロナ死を大量生産し、ゆえに、未承認の新型ワクチン実験を許可しましょう、とはっきりと言っている。

 今、世界中が、収容所になっている。誰もがこの枠組みから逃れられなくしようとしている。世界では、ワクチン反対者を解雇し、牢屋にぶち込んでいる。

 世界の良心は、一つ一つつぶされている。

 米国不正選挙について、自分の全てをなげうって、宣誓供述した勇気ある人々を、裁判所は、まともに受け付けず、話を聞きに行った警察やFBIは逆にあらゆる手段を使って脅迫し言論封鎖しようとしている。

 1/6の米国議会での襲撃に参加した、多くの俳優たちが、謝罪と真実の告白の動画をアップしていたが、動画は消され、告白者は封印されている。

 ウクライナ内戦で、真実をアップしている世界各国の良心のあるジャーナリストたちは、身の危険にさらされている。(西側諸国によるウクライナ人虐殺の真実)

2022.10.1 人口削減ワクチンやらで死ぬべき人でない人が死ぬのは悲しい

アントニオ猪木が亡くなった。79歳。

■落語の楽太郎が死んだ。(円楽)

 最近の写真がすごくやせ細っていたので危ないとは思っていたけど、ショックだ。

死亡のニュースで、ショックだったのは、安倍元首相、千葉真一、ブルーザ・ブロディ、今後悲しみそうなのが、長嶋茂雄、かな。小さい頃の自分のヒーローが、アントニオ猪木長嶋茂雄千葉真一だった。松尾雄二もいるけど、まだ若い。千葉真一が、ワクチン接種していなくて、コロナで死んだのはショックが大きかった。

■血液系の脳や心臓で亡くなる方が、ワクチン接種以降、激増している。 

 そして、ワクチン接種以降、超過死亡が起こっており、がんが激増、帯状疱疹、突然死も増えている。わからないけど、楽太郎もワクチンかな、なんて可能性も高い。

 ツイッターで、ピアニストがワクチン接種以降、体調不良に陥り、その経過や、病院をめぐるが夫も医者もワクチン後遺症と認めてくれなかった、ことを綴っていた。そして、59歳の若さで亡くなってしまった。

 別のツイッターで59歳でお父さんが亡くなったという投稿があった。その子と配偶者はワクチンのせいだと思っているけど、親戚には言えないと綴っていた。

 自分の母(88)も、旅行前に接種すると言って、接種後具合が悪くなり、脳卒中で倒れ骨折、緊急入院。血栓が身体に多くあり、治療ができないと言われた。さらに喘息もあるのでいつ死んでもおかしくないとのことだった(7/20)。自分は、ワクチンがこういうことを引き起こすと思っているのだが、周りに理解者はない。

■このことがあって、今まで言わないでおこうとしていたが、言わなくちゃいけないんじゃないかと強く感じている。

 どう思われても、これを発することが、この戦いを始めることが、生まれてきた理由なのではないかと思い始めている。おかしいことが多すぎる、そして、みんな気づいているのか、社会は、絶望の未来へ突き進んでいる。気づかないうちに、引き返せないところに行ってしまう。今、なんとかしないと、そのためには、伝えなくては、説明して理解を求めなくては、と思っている。パワーポイントで、新型コロナに絞って資料をまとめた。とりあえず、非常勤の男性に見てもらっている。本当はみんなに見てもらいたい。知ってもらいたい。

■安倍元首相が死んだ時、ケネディを思い出したと以前言った。

 確証はないから、大っぴらには言えないが、グローバリストによる暗殺の可能性が高いと思っている。なぜなら、未だに、捜査がおかしい。発表がおかしい、つじつまが合わない。そして、なぜか、統一教会問題に焦点がずらされ、テロリストを擁護する異常な報道、デモが起こっている。意図的に、真相を闇に葬る工作だと思っている。マスメディアや団体を使って。

ウクライナ4州をロシアが併合し、首脳たちがそろって写真に写っていた。

 ウクライナ内戦へのサポートの戦いから、西側諸国vsロシアの戦争にステージが変わった。

いくつかまた暴露されている。

 今までも聞いていたが、3月にウクライナ内戦の平和的合意寸前で、英・ジョンソン首相がウクライナ・ゼレンスキーに絶対合意は認めないと脅した。英米そしてそれを操るグローバリズム推進者は、平和的解決を認めない。もう一つ、米国シンクタンクがロシアに対する戦術核使用について、言及していた。つまり、ロシアに対する、脅し。プーチンが言っていたのはこのことか!

2022.9.27 反民主主義の暗黒独裁体制=EU

■王様のようにふるまうEU委員長

 EU委員会委員長 ⇒ EU株式会社CEO と考えるとすっきりする。

一般市民が選ばれる機会はない。民主主義社会ではない。

昔からの資本家一族が全てを決定している。

私的な民間企業(資本家)が国家群を支配する。それが、EUである。

元々中央銀行やら巨大企業が国に大きな影響を及ぼしていただから、大差ない?

裏方から支配してきたが、より大義を掲げて、支配体制を肯定できるシステム、それがEUだった。

 自分らの影響、息のかからない候補は、マスメディアはじめ財界を使って圧力をかけてきた。

フランスは、ロスチャイルドの奉公人・マクロンが負けそうになって、焦っていた。

ハンガリーは、民主市議、国民主義愛国主義を主張し、移民に反対していた。

従って、EU株式会社は、反リベラルのハンガリーへの分配金を絞って、脅し、制裁を行っている。

今まで、リベラル王国だったイタリアに愛国保守政権が誕生した。イタリアに愛国保守の候補など認めないと、独裁者のEUボスは脅し、圧力をかけてきていた。

グローバリズム

=金持ち支配主義=世界一極支配主義=資本(企業)支配主義=反民主主義

反グローバリズム

=保守・愛国・地域文化を継承する・多極主義・みんながそれぞれ権利を持つ、守る

グローバリストの描く統制社会

 世界はグローバリズム勢力が席巻しようとしている。グローバリズム勢力が「(黒い)カラスは白い」と言えば、それに異を唱える者を許さない社会になっている。

・気候変動問題を解決しなくてはいけない。

・新型コロナは危険であり、安全なワクチンを全員が打たなくてはいけない。

・トランプは危険だ、プーチンは悪だ、ウクライナを支援しなければならない。

パンデミックを管理するために、WHOが世界各国に代わり、ロックダウンなどの社会統制を主導する。

反グローバリズムの流れ

 ハンガリー首相とイタリア首相は、同じ主張。フランスで負けたルペンも同じ主張。反グローバリズムで自分の国・国民・文化を守りたい。トランプであり、プーチンである。

 マスコミ、米国、EUが余計なことをしなければ、みんなそれぞれ、協力し合って仲良くしている。分断や、紛争や戦争を起こしているのは、グローバリストである。平和が大っ嫌いなのはグローバリストである。

2022.9.23 いろいろ

ウクライナ紛争の実態

 米英のグローバリスト(ネオコンなど)勢力が、あり余った金でウクライナで工作を行い、ロシアを孤立化させ、弱体化させるための遠大な謀略。

 ウクライナネオナチと呼ばれる、「ロシア人を殺したい民族主義者」が米のネオコンなどの莫大な工作資金を背景にウクライナで強大な力を持ち、ウクライナ東部でウクライナ人を虐待虐殺を数年十数年続けてきた。

 バイデン政権になって、ヌーランド事務次官など多くが関り、その悪逆非道を加速させてきた。そして、ロシアを挑発。ウクライナ東部のロシア系住民を守るため、ロシアは保護活動をおこなっており、これを国連も認めている

 これを米英メディアが、一方的なロシア非難報道、米英中心の対ロ包囲網に結び付けている。

実質、ウクライナ民族主義者軍+米英NATOの情報軍事指導 vs 露・保護部隊

EU委員長(住民に選ばれない)はじめ、EU特権階級勢力

 石油・ガスなどの化石エネルギーを止めようとしている。農作物の生産を減少させている。ロシアにちょっかいを出して、ウクライナで戦争を起こしている。

欧州住民

 食糧危機に陥り、エネルギーを失い、生命の危機に追い込まれている。お蔭で経済は衰退し、物価は上昇し、生活は困難に追い込まれている。

 欧州住民の願いは何だ?安い豊かなエネルギーと豊かな生産物、そして豊かな生活を送れること。ロシアと喧嘩する必要はない。農作物は作って売ればいい。地球温暖化という茶番に付き合う必要はない。

 民衆の声を聞かない、無茶な命令ばかりをするEUという指導集団から、独立する必要があるのではないか。特権階級ばかりが豊かになり、一般民衆は没落していることに危機を抱いて欲しい。欧州から民主主義、合理性が失われ、共産主義社会主義のような全体主義社会になっている。

■人類の敵=がん(0.001%の支配層)

 ユダヤ人なのか特権的アングロサクソンなのかは知らないが、世界を支配したがる彼ら白人は、地球の癌である。この癌細胞は、世界中に転移し、地球の臓器を破壊している。

 米国の良心を破壊し、ロシアの良心を破壊しようとしている。日本の良心を殺し、中国という臓器もやがて破壊していくだろう。

虎ノ門ニュース

1.円安に対して。日本政府円買い介入?

長谷川幸洋:野党が言ってるように、消費税減税すべき(藤井厳喜も同意)

ツイッターの意見:この際、日本に工場を立てて売れば中国に対抗できるチャンス。かつ、世界に依存せず、自国ですべて揃えられる。

③自分:この際高くなってる米国債を売りましょう。この金で、日本市場を活性化させましょう。

2.中露にほころび?

藤井厳喜=ロシアが中国の子分になる

長谷川幸洋=ロシア・プーチンが屈服し、親米になる

③自分=②なんかあり得ない。戦争していいと思う。

スイス・バーゼル、ロンドン・シティ。ウォール街、各国の軍事工場を破壊。核ミサイルを世界中に打ち込む。欧州の各国とEUの分断工作、米国での民族主義煽動。州の独立・分断工作。して欲しい。

3.国連・安保理改革

 常任理事国に入る資格は日本にはない。日本が9条を取っ払って、軍隊を持って、核保有できた時には、要請が来るはず。日本は、自分の国も守れない力のない国で、覚悟のない国。属国だから仕方がない。(藤井厳喜長谷川幸洋

ドミニオン社の投票機器には欠陥があると、同社を訴えた。(フルトン郡)

9/27(火)安倍元首相の国葬

 217の国や地域から安倍元首相の国葬に参列するとの連絡が入っている。反対する運動家は、動乱罪で、牢屋にぶち込んでほしい。凶弾に倒れた世界のリーダーを日本がどう弔うかを世界は見ている。

君主制スクラム

 君主制は打倒され、反君主制ソ連勢力と共和制を推進する米国勢力が台頭してきていた。肩身の狭い英国王室はかつての日英同盟を結んでいた日本王室を大事にしたかった。日米同盟とはいえ、米国は自分たちに都合のいい情報しか日本に提供しない。日英同盟の復活は、日本の真の独立にとって重要。ありとあらゆる情報を持っており、本当かどうかわからないが諜報機関は王室のものとされている。

「インテリジェンスと読み解く日中戦争」をぜひ読みたい。

■「統治者フィリップ・ドルー」(林千勝)

 19世紀の「共産党宣言」に匹敵する政治書

ハウス大佐のポチと呼ばれていたのがウィルソン大統領。グローバリストの決意の書。エドワード・マンデル・ハウス(ロスチャイルド代理人

2022.9.21 「露・ラブロフ外相インタビュー」byニューズウィーク。(及川幸久動画より)

■総兵力2500万人のうち、30万人を新たに動員する予定である。ロシア動員力の1%強であるが、主体は予備役である。かつての正規軍であり、現在引退、あるいは別の仕事についているものである。彼らは配備される前にすでに、第三義勇軍500万人がウクライナ入りしている

ルガンスク、ドネツク、サポリージャ、ヘルソン4州が独立、2014年のクリミアに続き。ロシアは渋っていた国家承認するとともに、安全保障条約を締結。つまり、4週に対する攻撃は、ロシアに対する攻撃とみなし、ロシア正規軍が対応することになる。

ウクライナ兵力20万人のうち、10万人以上失っている。元の兵器はほぼ失われている。対する、ロシア軍は、6000人弱。

我々は、ウクライナと戦っているというより、NATO+西側の統一された勢力(グローバリスト?)と戦っている。NATOの軍事衛星70機、民間衛星200機以上がすべてロシアに対して使われている。ロシアは、このNATO軍に対峙するための準備を進めている。

4州を国家承認し、ロシア編入を認めるとはどういうことか。4州をロシア国家として、守る、核の傘に入れるということ。この決断は、重く、難しい物だった。しかし、他に選択肢はなかった。

プーチンNATOの指導者たちは、ロシアに対して核による恫喝をしてきた。核の恫喝とは、サポリージャ原発に対して、ウクライナ軍に攻撃させたこともあるが、それだけではない。NATOの指導者たちは、ロシアに対して、核兵器を使用することを言及している。私は、彼らにロシアにも多くの兵器があり、彼らよりも優れた兵器があることをわからせたい。ロシア国民を守るために、我々は、使える武器はすべて使う。これは、ハッタリではない。」

ポーランド人が、ウクライナ西部で住民投票を行っている。欧州のハイエナがウクライナの一部を自分らのために食いちぎろうと動き始めている。

■ラブロフ外相「米国はウクライナに軍事支援を行い、紛争を長期化させてきた。その結果、解決の見通しは立ってない。米国はウクライナの平和に全く関心がない。そのことは、ロシアとウクライナが平和協定に近づいた3月にすでに明らかになっている。このような事態に慌て、米英はウクライナにロシアとの対話を禁じた。今、米国は紛争の裏方から当事者になろうとしてる。(米国傭兵がウクライナに侵入・戦闘参加している)これが、核保有国同士の戦争の危険性についてのあなたの質問に対する答えです。」

2022.9.17 ナポレオン戦争で、欧州はロスチャイルドが支配者に。

■恐るべき征服民族ノルマン人

 北方ゲルマンのノルマン人が北フランスで定住した地域がフランス・ノルマンディ公国。このノルマンディ公国の庶子が、イングランドを征服。イングランド王になる。

イングランドアングロサクソン人が移住・征服した国)

(1066年、ノルマン朝の始まり。1000年近く続く王国で、日本に次ぐ歴史。)

ノルマンディ公国の一派が、イタリアに侵攻、南イタリアを征服し、シチリア王国を建国。

 征服が繰り返されてきたイングランドではあるが、一応ノルマン人王族によるイングランド支配が長期安定している、と思われている。

 

■1815年、ワーテルローの戦いで、英国王室に代わってロスチャイルドが支配者に。

1815年、ワーテルローの戦いナポレオン戦争)で、イングランドは勝利した。しかしながら、実質的に勝利した者、それがロスチャイルド家であった。この戦いで、多くの資本家たちの資産が、ロスチャイルドに移ることとなった。王族貴族、資本家たちが疲弊し、弱体化する一方で、ロスチャイルドが資本を独占することとなった。イギリスの債券市場の62%を所有。自己資産は2500倍に増えた。

■1815年、ネイサン・ロスチャイルドの言葉

大英帝国を統治する傀儡の王など誰がなってもかまわない。イギリスの貨幣供給を掌握するものこそが、大英帝国を支配するのだ。」(その後、彼らの一族がFRBを作り、BISを作って管理している=米国を支配し、今では世界を支配している、ということ

■正統な英国王室の継承者を名乗るジョセフ・グレゴリー・ハレット氏

「1815年、英国王室は事実上破綻した。繁殖権と引き換えに、資金提供を受け、ロイヤルの血統はロスチャイルドに変わった」と発言。※繁殖権=血族となること。

■「ユダヤ人と経済生活」(ベルナー・ゾンバルト)1911年

1820年以降、ヨーロッパにはただ一つの権力しか存在しない。それは、ロスチャイルド家だ。

■1822年、神聖ローマ帝国・ハプスブルグ家(ヨーロッパ最大の名家=ゲルマン族)より、男爵の称号を得る。

■2021年、NHK-BS「女王とクーデター」世界のドキュメンタリー

1953年、イラン・モサデク政権を米英がクーデターを起こして倒す。モサデク政権は、石油の公有化を実行しようとしていた。CIAやMI6は、パーレビ国王を支持するクーデターを工作した。

2009年、オバマ大統領は、自作自演のクーデターを公式に認めた。

1920年、王立国際問題研究所(RIIA)創設。

イギリス・ロスチャイルド&英国王室のシンクタンク。チャタム・ハウスとも呼ぶ。

外交問題評議会(CFR)。米国のシンクタンク。ロックフェラーの国務省と呼ばれる。

英国王室の下にRIIAが置かれ、その下に、CFR、各種エネルギー企業、三極委員会、ビルダーバーグ、米国メディア、米国政府機関、国連、ローマクラブ、NATO、米国大学、米国シンクタンクを管理する。

中央銀行

1668年、世界最古の中央銀行が、スウェーデン、リクスバンク。(民間)

1694年、2番目の中央銀行が、イングランド銀行。(民間)

1600年頃、ゴールドスミスノート(金の預かり証)

これをまねて、イングランド銀行が、銀行券(紙幣)を発行した。

中央銀行の目的

1.通貨価値の安定

2.金融システムの安定

3.戦費の調達

1598年、アンリ4世、ナントの勅令。

ユグノープロテスタント)等に、個人の信教の自由を与えた。

1685年、ルイ14世、フォンテーヌブローの勅令。

ナントの勅令を破棄、改宗のための拷問。裕福なユグノー資本は、オランダ・アムステルダムやイギリスに逃亡。

 

1694年、W・パターソンがイングランド銀行を設立。

金を集めて、国王に貸し付け。出資者の10分の1がユグノー、理事の3分の1がユグノー、初代総裁がユグノー。国王との関係で力をつけていく。

1833年イングランド銀行権が法貨に。

1844年、ピール銀行法により、通貨発行権が独占となる。

1946年、国営となる。

 

ロックフェラーの祖先は、フランス・ユグノーユグノー資本やロスチャイルドのバックアップがあって、成長発展してきた。

不況、バブル、戦争、混乱のたびに、中産階級の資産が仕掛けている資本家に吸収されている。