2022.08.31 ディープステートの手先が仲間割れ?

 米・中間選挙、および、次の大統領選に向けて、民主党が巻き返し、共和党を叩き、トランプを政治的に抹殺するため、FBIが突然トランプ邸を強制捜査し、マスコミが、あることないことをでっちあげて脅した。このニュースに対して、意外にも、民主党支持者からもFBIの動きに対する批判が起こっている。

 少し風向きが変わっている。無茶苦茶やってきたが、この中間選挙で、共和党が崩れそうもない。米国民の支持は、民主党から共和党に移ってしまっている。そして、共和党民主党とつるんでいる議員が次々と落選している。いわゆる共和党の顔をした民主党議員で、反トランプだ。

 こうした中、フェイスブックザッカーバーグが人気のテレビ討論番組に登場した。そして、ハンターバイデンの情報を情報統制したことを追及され、FBIに脅されて、情報統制を行ったことを告発し、後悔していることを表明した。

 議会ではロンジョンソン議員が、ハンターバイデンのPCについて、FBIトップの指示で、選挙があるので、ハンターバイデンPCの捜査を止めさせていたことを追及している。

 今後、中間選挙で、共和党が勝つと、FBIへの追求、ザッカーバーグの議会召喚などが行われる、と言われている。

 直近では、モデルナ社がファイザー社相手に訴訟を起こしているとニュースが流れた。無茶苦茶やってきたディープステート内での仲間割れである。mRNAワクチンという特許を盗んだという訴訟だ。背景には、ワクチンが売れなくなってきて、在庫が処分できそうもない、ならば、ファイザー社の売上で賠償しろ、ということである。

 どのくらい認識されているのかわからないが、世界各国で、ワクチンによる人口減に気づき始め、あの優等生だったイスラエルが、4回目の接種の中止を求めている。次々と死者が増え、生きている人間もワクチンによってエイズになっている。つまり、自己免疫がワクチンによって壊れ、ちょっとした病気に免疫が働かず死亡しやすくなっている。

 製薬会社、マスコミ、SNS、FBI、司法、民主党共和党エスタブリッシュ、など、ディープステート配下の機関内で、仲間割れと反乱・裏切りが始まっている。

2022.8.31 ディープステートの手先機関内で、仲間割れ?反乱?裏切り?が始まってる?

 米・中間選挙、および、次の大統領選に向けて、民主党が巻き返し、共和党を叩き、トランプを政治的に抹殺するため、FBIが突然トランプ邸を強制捜査し、あることないことをでっちあげて脅した。このニュースに対して、意外にも、民主党支持者からもFBIの動きに対する批判が起こっている。

 少し風向きが変わっている。無茶苦茶やってきたが、この中間選挙で、共和党が崩れそうもない。米国民の支持は、民主党から共和党に移ってしまっている。そして、共和党民主党とつるんでいる議員が次々と落選している。いわゆる共和党の顔をした民主党議員で、反トランプだ。

 こうした中、フェイスブックザッカーバーグが人気のテレビ討論番組に登場した。そして、ハンターバイデンの情報を情報統制したことを追及され、FBIに脅されて、情報統制を行ったことを告発し、後悔していることを表明した。

 議会ではロンジョンソン議員が、ハンターバイデンのPCについて、FBIトップの指示で、選挙があるので、ハンターバイデンPCの操作を止めさせていたことを追及している。

 今後、中間選挙で、共和党が勝つと、FBIへの追求、ザッカーバーグの議会召喚などが行われる、と言われている。

 直近では、モデルナ社がファイザー社相手に訴訟を起こしているとニュースが流れた。無茶苦茶やってきたディープステート内での仲間割れである。mRNAワクチンという特許を盗んだという訴訟だ。背景には、ワクチンが売れなくなってきて、在庫が処分できそうもない、ならば、ファイザー社の売上で賠償しろ、ということである。

 どのくらい認識されているのかわからないが、世界各国で、ワクチンによる人口減に気づき始め、あの優等生だったイスラエルが、4回目の接種の中止を求めている。次々と死者が増え、生きている人間もワクチンによってエイズになっている。つまり、自己免疫がワクチンによって壊れ、ちょっとした病気に免疫が働かず死亡しやすくなっている。

 製薬会社、マスコミ、SNS、FBI、司法、民主党共和党エスタブリッシュ、など、ディープステート配下の機関内で、仲間割れと反乱・裏切りが始まっている。

2021.05.04 日本国憲法

日本国憲法は、日本人と日本の領土は守らない、とうたっている。(門田隆将)

 英米ソの共産主義連合が、日本抹殺のために仕掛けた足かせ、ギロチン台が日本国憲法である。新興ローマ共和国が、経済大国カルタゴに突き付けた非武装命令と同じである。

厚労省医系技官

 集団コロナ。医者が医系技官として役人になっている(試験なしに)。彼らは、医者もやりつつ役人もしている。大抵医者とつるんでいる。国のためにどうすべきかという時、彼らはどこを見るかというと、医者側の立場に立つ。役人という意識が少ない。

2021.05.02 日本のワクチンビジネスつぶし

 日本人は、日本製のコロナワクチンが打ちたいと思っている。でも自粛している。日本製ワクチンはつぶす方向で、工作している。

 ワクチンの犠牲者が出ると、マスコミで問題を煽り、コテンパンに責任追及する。これで、日本の製薬会社や厚生労働省は、手を出すのをやめた。

 高い外国製の薬を買って、責任を取らない体制になった。

2021.04.30 「ウィルスの相互干渉」(武田邦彦)

 病原体の相互干渉。ウィルスは、同時に感染しても発症するのは最初の物。椅子取りゲーム、早い者勝ち。

 A型にかかったらB型は発症できない。コロナにかかったらインフルエンザにかからない。インフルエンザにかかったら、ノロウィルスにかからない。(本当?信じがたいがそうらしい)

 菌は別。例えば、ウィルスで抵抗力が弱くなった時、なんでもない菌が悪さをすることがある。これを二次感染という。抗菌剤を使うが、これはウィルスには効かない。

 これを証明するデータが紹介された。毎年数千万人ものインフルエンザ患者が大流行するのに、今年度姿を消してしまった。コロナによって、インフルエンザが駆逐された、という仮説。そうだとすれば、毎年数千万人が苦しみ、1万人以上が死ぬインフルエンザがコロナによって防がれたのだ。コロナ感染者は数千万人にはるかに及ばず、死者は1年もかけてたったの数千人だ。インフルエンザに限らず、毎年多くの死者を出していた要因が全て毎年のレベルをはるかに下回って、毎年増加する日本人の死者数が、異例なくらいの数字で激減した。つまり死ぬべき人が死ななくなった。

2021.04.20 いろいろ

■「大日本帝国の情報戦」(浜田浩一郎)

■H26ガダルカナルの戦い

 大本営、現地陸軍上層部も、警告情報を無視した。「敵に利する情報は、今後送るに及ばず」(東京からの返信)「日本艦隊にはちゃんとした情報参謀がいると思っていたが、ガダルカナル島での動きはお粗末で、情報参謀なんていなかったんだ」(米海軍・情報参謀)

ラバウル陸軍・今村や城島は視察の中止を促したが、山本は無視。

 この視察情報は米軍に筒抜けで、飛行機を撃墜されて山本は死亡。日本海軍は、暗号の解読は不可能であり、この死亡は単なる偶然と片付けた。

日本兵は、上官から「捕まったら死ね」と命令されていた。

 しかしながら、やさしく接すると恩義を感じて、知ってる全てのことを話した。また、捕虜になったことを日本に伝える、と脅した。家族が日本で恥じないよう、脅しに屈した。さらに、日本兵は、書くことが大好きで、その死体からメモを回収すると莫大な有益情報を取得できた。日本軍は、捕虜になった後のことを、教えていなかった。

■「ソ連はドイツ敗戦後3カ月の猶予期間ののち、対日参戦の密約をした」(スウェーデン駐在武官・小野寺)「ソ連英米の要求では動かず、独自の判断利益で動く、密約はない。1陸軍武官が策動するのは不可解、交渉の邪魔。」(ストックホルム大使・岡本)

中野学校

 「謀略は誠なり」「忍術の忍は、忍耐の忍」捕まったら、死ぬというのは武士の価値観だ。忍者は、捕まったら決して情報を漏らさず、手足がなくな手も生き、味方に情報を引き継ぐことだ。

2021.04.18 いろいろ

■コロナが流行りだした頃の陰謀論的情報

「コロナを騒ぎ立てて、ワクチンビジネスで儲ける。さらに、このワクチンである物質を人体に注入し、生殺与奪権を握る。人類を10分の1に減らす。ある物質を提供することで、アナフィラキシーショックを起こし、殺す」というもの。

■マスク

2020年3月、米国・ファウチ所長が「マスクをつけるな」と指示。

ロックフェラー財団配下)

これをもとに、WHOも「マスクはつける必要はない」と宣言。

WHOは、6月マスクを推奨し始める。7月、米国でも「マスク着用」を支持。

しかしながら、欧米ではマスク着用に反発運動が見られた。

■「日米戦争を望んだのは誰か」(渡辺惣樹)

 第二次大戦は、英仏による独に対する宣戦布告が原因。米国が英仏に必ず参戦するから、ドイツに戦いを挑めとそそのかしていた?

 1939年、チャーチル復権し、海軍大臣に起用されると、米国大統領ルーズベルトチャーチルに親書を届け、その後異常なほどの交信を行っていた。秘密の交信を米国の駐英大使が気づき、その異常な内容の為、米国で暴露しようとしたところ、英国に戦後まで逮捕された。本来なら、不逮捕特権を行使すべきだったが、ルーズベルトチャーチルにとって、不都合だったため、口を封じ続けた。

 ルーズベルトに協力した政治家たちは、戦後にルーズベルト政権の動きを知って、愕然とした。

 日本から悲痛な妥協のための交渉が来ていたこと、ハルノートという事実上の宣戦布告を出していたこと、これらのことを一切国民や議会に知らせることなく、うその報告をし続けていたこと。ルーズベルト側近やチャーチルが、日本をどんなことをしてでも戦争を仕掛けるように仕向ける秘密の会合を開いていたこと、そして、日本の動きをすべて見通しながら、真珠湾攻撃を待ち、大喜びをしたことなど。

ルーズベルト家は中国の麻薬(アヘン)で財を成した家系だった。

 ルーズベルトニューディール政策社会主義政策)は、経済に効果がなかった。しかしながら、無理やり起こした戦争で、経済は立て直された(戦争ビジネス)。

ルーズベルトが戦争を引き起こした。

②日本からの平和的解決の提案をルーズベルトはことごとく無視した。

③原爆がなくとも終わっていたのに、日本からの降参の声を無視して、さらに人体実験(ジェノサイド)を行った。